冥談 (幽BOOKS)

解説されることを拒否しているなあ。読んでみるしかないと思う。アマゾンのレビューでは評価は低い。でも京極ファンなら、中ぐらいには楽しめる。あと、amazonで探すと、ビデオを見ることができた。これは販推用なのかな。

死ねばいいのに」では電子書籍を出版したり、最近ぼちぼち著作が発表されている京極夏彦。この調子でお願いします。

関連:

幽談 (幽BOOKS): 本のフロク

広告を非表示にする