月桃夜

月桃夜
月桃夜
posted with amazlet at 11.01.23
遠田 潤子
新潮社
売り上げランキング: 204362

奄美や沖縄方面へお出かけの前にお勧め。あるいは旅行後であっても。

美しい島と海の風景の中で、労苦と理不尽に苛まれる登場人物たち。神々すら味方ではない。島の神様たちは、まさに島と海の自然観で、ここがいくつかあるこの作品の読みどころ。惜しいのは、島の神々の存在に対する解釈を自身に語らせてしまったところ。

琉球囲碁に飲まれてヤンチュに落ちぶれた老人、薩摩での刃傷沙汰が原因で左遷された侍など、脇役たちが光る。

広告を非表示にする