まんが 孫子の兵法

まんが 孫子の兵法
まんが 孫子の兵法
posted with amazlet at 09.03.16
尤 先端 武岡 淳彦
集英社
売り上げランキング: 297593

孫子について知ってみたいと思い、まんがが楽にスタートを切れるかと思って選択。この本は、孫子の各篇毎に、篇の主題についての解説文、主題に関わる事件の漫画、そしてより詳しい解説で構成されており、漫画の部分は歴史上の事件を述べた部分に限られている。

わざとらしい漫画よりはよほどましなのだが、初心者には、漫画だけ読んでもよくわからない。やはり前後の解説は読まないと、何のことかさっぱりわからず。前述の、本書の構成を把握した上で、ようやく漫画もかなり苦心して、歴史の部分を限られたスペースで表現しているとわかるのだが。

孫子の取っ掛かりとして漫画からスタートという、若干、邪な目論見には適さなかったかもしれないが、内容はしっかりしてそうなので、いくつか読んだ後にまた戻って来たい本かもしれない。解説は結構面白い内容もあって、たとえば、「拙速」という語が、現代において誤った解釈がなされており、実際、その誤用に基づいた判断により、失敗したビジネスの事例が2,3挙げられている。ちなみに、「拙速」は、現代においては、手段などが拙くても、とにかくアクションを速く起こすことが重要、といった意味に解釈されているが、本来は、達成度は完全でなくても(拙くとも)よいが、正確かつ適切な手段・対応策を講じること、という意味とのこと。微妙な違いだが、結果は大きく異なる。なるほど。

広告を非表示にする