博士の愛した数式

博士の愛した数式
博士の愛した数式
posted with amazlet on 06.02.16
小川 洋子
新潮社 (2005/11/26)

交通事故で負った脳へのダメージにより、80分しか記憶が維持できないという元数学者である博士。気難しく奇行に満ちて見えるのは、実は学者らしく思慮深く、同時に礼儀正しく、思いやりが深いがゆえに、他人を困惑させまいという配慮が生んだもの。それとわかるのは、家政婦の小学生の息子に対する、幼きものへの愛情が抑えきれずに噴出した瞬間であろう。3人の間の、互いへの思いやりが読後にさわやかさを感じさせる。

なぞに満ちた数学の魅力にただ乗りしたり、奇抜な設定だけで乗り切ろうとしたりはしていなくて、小説として感動的なものである。ただ、また整数論か、とか、また気難しそうな数学者か、という少しありきたりな面がある。

広告を非表示にする