百器徒然袋 風

百器徒然袋 風講談社ノベルス

京極 夏彦 (著)

京極夏彦のいくつかあるシリーズのうちのひとつ、薔薇十字探偵社の榎木津礼次郎とその下僕たちの短編。とはいえ、もしかすると短めの長編に匹敵する長さ。薔薇十字シリーズは京極堂シリーズのわき道のような位置づけで登場人物もオーバーラップしている。語り手である本島は、ストーリーの中でも影の薄い凡人という設定なのだが、本当にそのとおりで、こいつがほかのストーリーでどんな役割を果たしてきたのか、まったく記憶にない。今作も飽きさせず一気に読ませるストーリー展開と登場人物の魅力は健在。

京極堂シリーズは少し前に映画化されると発表があった。配役が気になるところだが、榎木津役をこなせるのは、今なら阿部寛をおいてほかには考えられない。はまり役になるか未知数だが期待。京極堂こと中善寺役は、イメージ的には実は作者の京極夏彦がぴったりのような気もする。芝居っけもありそうだが、堤もいい味出してくれることだろう。

広告を非表示にする